妊婦さんでも旅行したい!

妊娠初期はつわりや体調不良で静かに過ごしていた妊婦さんも、安定期に入ってしばらく経つとそろそろお出掛けしたくなってきますよね。出産後は赤ちゃんのお世話で毎日忙しくなるので、今のうちにゆっくり旅行がしたいという方も多いのではないでしょうか。しかし妊婦さんが旅行をするためにはいくつか注意すべきことがあります。 まず第一に、赤ちゃんと妊婦さんの体調が良い時期を選ぶことが大切です。安定期とはいっても、何をしてもいいわけではありません。妊娠中はいつの時期でも思わぬトラブルが起こり得るということを忘れないようにしましょう。あらかじめ妊婦検診でかかっている医師に許可をもらうと安心ですね。もちろん行き先や日程も無理なく設定しておきます。妊婦さんの旅行は、国内で移動距離や手段も負担がかからないように計画しましょう。

妊婦さんが旅先で注意すべきこととは?

無理のない旅行の計画を立てたら、しっかり旅を楽しみたいものです。しかし、旅先でも注意すべき点がありますよ。急なトラブルが起こった時に慌てないよう準備しておくことです。母子手帳や保険証は常に持ち歩く鞄に必ず入れておきましょう。名前や家族・病院の連絡先、妊娠週数、持病などが一目で分かるカードなどを作っておけばさらに安心です。自分の体調を一緒に旅行する家族や同行者にきちんと伝えておくべきです。旅先の近くに対応できる病院があるかどうかもチェックしておきましょう。 また、普段と違う環境でつい食べ過ぎたり、歩き回りすぎたりしないように心がけてください。特に真夏や寒い冬は気温の変化で体調を崩しやすいので注意です。水分補給や体を冷やさないこと、こまめに休息を取るようにしましょう。無理せず、お腹の赤ちゃんと一緒に素敵な旅行を楽しんでくださいね。